小児タッチに関する研究および小児タッチセラピーの利点

入院治療中の子どもたちに対しタッチケアをすることは、身体的、心理的、感情的な面から利点があるということが、様々な調査研究結果により認められています。
また、入院治療中の子どもたちがタッチ不足だということも明らかとなっています。

調査研究では、多くの健康管理者、看護者たちが特別なケアを必要とする子どもたちにタッチケアを実施したところ、タッチはマイナスな影響よりも総合的にプラスなメリットがあることが結果として明らかになっています。

以下の利点が研究結果により明らかとなっています。

<乳児期>
・体重の増加
・呼吸機能の改善
・入院期間の短縮
・親子関係の改善
・睡眠パターンの改善
・長期の行動と発達のテストスコアの向上

また、合併症など複雑な病状と診断された乳幼児が、タッチケアを受けることで非常に多くのメリットを得ることが明らかになっている研究結果もあります。

<特別な健康管理を必要とする子どもたち>
・筋緊張(萎縮)の改善
・関節可動域の改善
・呼吸機能の改善
・睡眠パターンの改善
・消化機能の改善 (規則的な便通)

また、親御さんはタッチケアを行ったことで、子どもたちをより近くに感じることができ、
お互いのストレスや不安が減少し、さらに子どもたちを癒すために「自分にもできることがある」と感じられる結果が報告されています。

by ティナ・アレン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です