キッズインコンタクト ~子どものための健全なタッチ~


学校の遊び場や組織された子どものグループは、子どもにとって社会に挑戦するよい機会に満ちています。こうした環境で元気に育つ子どもがいる一方で、多くの子どもたちがグループ内や、学校の中で悩みや問題を抱えています。仲間による圧力、勉強に対する心配、いじめなどは、彼らが日々直面しているほんの一握りの問題にすぎません。

私たち大人は、こうした子どもたちの経験が否定的なものとして解釈されるのではなく、実りある経験となることを願ってやみません。教育者や保育者、社会の一員が一丸となり、子どもたちにとって安全で健康的な解決法を見出すことが私たちの義務と言えるでしょう。

Kidz in Contactは子どもが子どもに行う、仲間同士のタッチプログラムであり、子どもたちが自ら主導権をもつことで、相手への尊重や相手との健全な距離間、タッチの許可を得ることの重要性などを学んでいきます。子どもがタッチを受けたくないときには、タッチを受ける必要は決してなく、別の日に別の部位のタッチを望む場合もあります。こうした子どもの主導権こそが、健康行動を育むタッチとは何なのか、どのようにタッチを使えば良いのか、メリットがあるのかなど、探求していくカギとなります。

キッズインコンタクト”とは?

 キッズインコンタクトの「コンタクト(接触)」という言葉は、身体的タッチ、心の結びつき、コミュニケーションなど、安全なタッチを行うことで、相手を尊重し、健全な敬意を表すことと定義されます。キッズインコンタクトは、学校現場において、子どもたちが安全で健全なタッチを学ぶことのできるプログラムです。子どもたちは、このプログラムを通じて、良いタッチと悪いタッチの違いや、健全なタッチによって相手をどのように尊重するか、また、自分がタッチが必要と感じたときに、どのようにタッチを要求すべきかなどについて学びます。私たち大人は、タッチの力を通じて、子どもたちが必要とする重要なニーズを満たせるよう努めることができるのです。

byティナ・アレン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です