ベビーマッサージ vs. 小児マッサージ:何が違うの?

本当にこの二つのマッサージに違いがあるのでしょうか? 違いは、あなたが小児とベビー(乳児)という用語をどのように定義するかによります。もしあなたが小児科病院または医療関係で働いていたら、小児は生まれた時から病院を退院するまで(たびたび18歳まで)の全ての病院の患者さんに使われる包括的な用語だと言う人もいるかもしれません。

または、ほかの人は医療の現場で小児のグループの内、ベビー(乳児)のカテゴリーは0ヶ月から12ヶ月に限られていて、異なる段階のケアがたびたび必要だという考えを持っています。マッサージセラピーにおいては、ベビーマッサージと小児マッサージではいくつかのはっきりと明確な違いがあります。

ベビーマッサージとは?

ベビーマッサージとは赤ちゃんとコミュニケーションをし、心が触れある為に、愛情のこもったタッチをする昔ながらの方法です。マッサージは子供と、子供の世話をする人の相互の信頼と理解を育む助けになります。

ベビーマッサージは、生後約三週間からそれ以降の赤ちゃんに用いられる技巧からなるマッサージです。もちろん、両親や子供の世話をする人は、子供が産まれたらすぐに愛情のこもったタッチを行うべきです。未熟児で産まれた赤ちゃんには特別なマッサージの技術を用います。しかし、一般的に健康な子供には三週間を始める時期とします。

プライベート、又はグループセッションで認定されたベビーマッサージ講師からトレーニングを受けた両親や介助者が通常、健康な赤ちゃんに幼児マッサージを行います。

ベビーマッサージ講師はジェントル(優しい)マッサージテクニックを使用し、赤ちゃんのそれぞれのキュー(合図)を理解し、沢山の人生を変えるような効能を高めるためのコミュニケーションの方法を両親や介助者に教えます。

臨床研究で、赤ちゃんをマッサージすることによって健康的な成長と発達を助け、一般的な不快感を和らげ、赤ちゃんの安らかな睡眠を促し(これによって世話をする人も休みが取れます)、そして、健康的な結びつきと触れ合いを深めることが出来ることが明らかになっています。

また、マッサージを受けた赤ちゃんは体重が増え、免疫機能が改善し、ストレスホルモンが減少することが証明されています。両親が行うマッサージによって、赤ちゃんは最適な神経機能と消化機能の改善を体験出来る可能性があります。ベビーマッサージセラピーによってもたらされる効果は、適切な感情的発育、認知発達、身体発育を促すために必要とされているものです。

小児マッサージとは?

入院している子供や、消耗性の病状を患っている子供がマッサージセラピーによって恩恵を受ける可能性があることは、いくらか簡単に思いつきます。しかし、健康な子供も、同じくらい小児マッサージセラピーを受ける理由があります。

子供たちは、自身の最大の可能性に成長、到達するために愛情のこもったタッチを必要としています。マッサージによって、私たちは子供の快眠、ストレスの減少、成長痛を和らげる助けが出来ます。.

マッサージセラピーの研究者によって行われた研究で、一般的な成長をしている子供への効果が報告されています。これには集中力の向上、焦点の定まり、そして攻撃性の減少などを含めた利点が含まれています。

ある研究者達は、マッサージセラピーを定期的に受けた子どもの知能指数(IQ)が上がる可能性があるとまで報告しています。

研究によって、小児患者の病状に伴う身体的症状と、感情面の苦痛の両方をマッサージセラピーによって緩和することが出来るとわかっています。

マッサージを受けた後すぐに、軽度から中度の若年性間接リウマチを患った子供の不安が軽減し、ストレスホルモン(コルチゾール)のレベルが下がります。

自閉症の若い患者達は、マッサージにより触られることへの嫌悪感が薄くなり、一方で集中力が高まります。嚢胞性繊維症の小児患者は、不安な気持ちが軽減し、呼吸能力と肺機能が向上したと報告しています。

By ティナアレン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。