子どものタッチ不足の影響について
ポジティブなタッチは、子どもたちが最も欲する感覚的な影響だけでなく、彼らの健康的成長と発展に不可欠なものといえます。
過去の調査研究や観察によると、タッチを受けなかった子どもたちは、感情的、肉体的、そして認知の側面からも成長が乏しいことが明らかとなっています。
健全なタッチを奪われた子どもたちは、タッチしたりされたりすることの基本的な必要性が麻痺してしまっているのです。
彼らはタッチ恐怖症になってしまい、他人との間に感情的距離を置くのです。
これは子ども時代に害があるだけでなく、その効果は一生を通してついて回るものです。
「タッチを奪われる」という健康上の被害は非常に大きく、行動的、生化学的にはもちろん、攻撃的行動、肉体的暴力を含む、ストレスや体の緊張を高めることにつながります。
タッチを奪われたことによる身体の緊張は、最終的に個人の脳内の化学成分を変え、憂鬱症状をもたらします。
また、タッチの欠如や睡眠妨害と強く関係するセロトニンレベルの低下も確認されています。

by ティナアレン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です