小児マッサージは子どもたちの攻撃性を低下させる
未就学児の子どもで、問題行動などを起こしていたグループの子どもたちに、日常的にタッチをほどこしたところ、3ヵ月後には攻撃性が低下するという結果が見られました。
6ヵ月後には、特に頻繁にマッサージを受けた子どもにおいて更なる改善がありました。
保護者たちからは、子どもが社会的にも以前よりなじみ、家庭の中でも問題行動が減ったという声があがりました。
12ヶ月をとおして、子どもたちに大きな変化がみられたので、毎日5~10分程のタッチをおこなうのは問題行動や攻撃性を弱めていく効果のあることがわかりました。
"Massage decreases agression in preschool children: a long-term study"より抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です