わんぱくゆうくんの一日
・・・ゆうくんのおかあさんの日記より

ゆうくんが生まれて3日目のこと

お父さんとおばあちゃんと一緒に産院に面会にきた、5歳の長男ひろくんと4歳の次男たいちゃん。
ねんねしているゆうくんを見て「かわいいなあ・・・かわいいなあ」と言ってます。
「お兄ちゃんだよー」と言いながらほっぺをつんつんしています。

ひろくんとたいちゃんに「お母さんがいなくても大丈夫だった?」と聞くと、ふたりとも「うん。大丈夫。」と言います。

面会が終わり、帰る時間になりました。
母「じゃあね。バイバイ。しっかりご飯食べて、明日も元気に保育園に行くんよー」
ひろくん・たいちゃん「うん。ばいばーい」

階段を降りて産院の玄関に行きます。
その階段がなかなか降りられないたいちゃん。
よく見ると、靴が脱げています。

いえいえ・・・

わざと靴が履けないようにしています。靴が脱げていると、階段のところでとまっていることができます。
少しでも長くおかあさんと一緒にいたいと思う、たいちゃんの心。
たいちゃんのおめめが赤くなっています。涙がおめめにいっぱいたまっています。

帰りたくないんやね。たいちゃん。

母「たいちゃん。おかあさんはもうすぐたいちゃんのところに帰るからね。それまで頑張ってね」
たいちゃん「うん」と下を向いたままうなずきます。

ゆっくりゆっくりと階段を降りて、お父さん・おばあちゃんに手をつながれました。

階段の下では、一番兄ちゃんのひろくんが、口を一文字にむすんでたいちゃんの姿を見ていました。

わんぱくゆうくんの一日ができるまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です