今日はNBOのセッションでした。

NBO(新生児行動観察) は、親子関係構築支援ツールとしてNBAS(新生児行動評価)を改良した生後3 か月迄の子どもとその親への早期介入プログラムです。
現在は、世界20 か国の臨床現場で導入され、母親のメンタルへルスの指標の改善、親子関係構築促進等の効果が報告されています。

今日の赤ちゃんは、生後30日目。明日で1ヶ月になる女の子です。
里帰りで、ママの実家にいます。
今日はパパも、一緒で、赤ちゃんとパパとママと、おばあちゃんと4人でNBOを受けてくれました。

赤ちゃんは、寝たり、起きたり、まどろんでたり・・・
泣いてても、パパやママが声をかけると、泣くのをやめたり・・・
鈴を鳴らすと、びっくりしたお顔をしたり・・・

今日のセッションで、ご家族の一番の発見はうつぶせにした時の赤ちゃんの表情と頭を持ち上げる強さを知ったことです。

今までうつぶせにしたことがありません。
初のうつぶせ。パパもママもおばあちゃんもドキドキしながら見ています。
(うつぶせは起きていて、ママたちがしっかり見ている時だけにします。沈み込み過ぎないお布団や床でします。寝ているときは必ず仰向けにしてくださいね)

みんなが見守る中で、おててや脚を動かし、前に進みそうな勢いです。
そして、頭を何度も持ち上げようと頑張っています。
パパもママも「かわいーい。すごーい。かわいーい。すごーい。私たち親ばか(笑)」と言いながら、赤ちゃんを見つめています。
ママが「うつぶせにした時の赤ちゃんの表情が今まで見たこともないくらいキラキラしてる。表情が違うね」とパパに話しています。

パパとママの後ろから見ているおばあちゃんが「娘(ママ)をみてるみたい」と言います。
「どうしてですか?」とお聞きすると、「頭を持ち上げようと一生懸命頑張っている姿が、娘を見ているようです。娘も頑張りやさんだから」とおっしゃっていました。

余裕の表情の生後30日目の赤ちゃんでした。

*写真・記事の掲載は親御さんの同意を頂いています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。