小児タッチケアのレッスン

 

1歳6か月のAちゃんとママが

 

レッスンにきてくれました

 

Aちゃんはプラダーウイリー症候群

 

をもつ女の子女の子

 

 

 

初めましての宮井に

 

ちょっと恥ずかしそうに

 

そして不安げな顔で

 

様子をうかがっています爆  笑

 

最初はママに抱っこされたまま

 

過ごしますお母さん

 

 

ママのお膝に座ったまま

 

Aちゃんに聞きながらタッチをしていきますパー

 

 

 

Aちゃんは寝返りをころころしながら

 

過ごしています

 

ゴロンしても大丈夫そうだったので

 

ゴロンして

 

しっかりとタッチ

 

 

 

Aちゃんは足の裏へのタッチは苦手ショボーン

 

療育でもよく泣いちゃうんだそうですえーん

お歌を歌ってのタッチだったり

 

ママが声をかけながらのタッチだったり

 

ゆらゆらと体を動かしてみたり・・・

 

そうしてるうちに足裏への苦手さが

 

少なくなって足裏同士を合わせたり

 

ママのほっぺに足裏をつけたりすることが

 

できるようになりました

 

 

不安な時はなきべそで表現してくれるのですが

 

今日は泣き声を聞くことができましたえーん

 

 

タッチケアしていくと

 

もっともっと泣くようになるよーと

 

ママにお伝えしましたニコニコ

 

感情を出しやすくすることができるんですキラキラ

 

 

うつぶせになっても
 
そこから動くことは少ないAちゃんでしたが
 
帰る頃には
 
ママのお膝に上ろうとする様子が見られました
 
これにはママびっくりびっくり
 
「こんなこと、今までしなかったのに・・・」って
 
嬉しいね音符
 
Aちゃん
 
やれる気がしたんだよね筋肉

 

 

 

そして最初は不安で近づかなかったお人形にも

 

自分から近づいて触っていましたハート

 

 

キラキラ記事の掲載はご家族の

承諾を得ています

 

 

 

触れ合い遊び・手遊びCD好評発売中
あったかおやこのじかん

 

 

 

 レッスンの申込はこちらからでもOkです

下矢印下矢印下矢印

友だち追加

 

 

HPはこちら

下矢印下矢印下矢印

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。