「触れるっていいな」「タッチっていいな」と思われた出来事を教えてください。

みなさまからいただいた意見を紹介します。

子育てをしていると、24時間が一瞬で過ぎ去っていきます。
特に赤ちゃんの頃は1日中お世話をして1日中一緒にいる気がするけれど、唯一ゆったりした気持ちで娘たちとふれあえていると感じられたのは、タッチの時間でした。
あの頃は小さくて、ムニムニで、触れるだけで愛しくて癒された娘たちの手も少しずつ大きくなり、今では小学1年生になった長女が、夜に私の肩や手に優しくタッチしてくれることがあります。
小さな手のあたたかさや娘の優しい気持ちを感じるだけで、本当にからだも心もふんわりします。
言葉にすることも大切だけど、手を当てるだけで救われることって、あるんですよね。
Kさま

-------------

どこでも誰でもできて温かさを感じで心が緩んで体が緩んで本来の自分に戻れる感覚。人と関わるときに緊張して言葉が詰まったり震えたりするけどタッチを通じてたくさんの人と心で繋がれて私にとってタッチは言葉と同じくらい大切なものです。

Nさま

-------------

成長するに従って、うっとおしいくらいだった抱っこの要求が無くなっていく。肌のふれあいが急激に減っていく。
我が家ではけんかした日も楽しい日も子どもたちと、おやすみのぎゅーを習慣にしました。
お互いの意地の張り合いも、肌が触れて体温を感じた瞬間にほっとして何だかどうでも良くなってあー、お母さんでよかったと思えます。
 Aさま

-------------

人間ではないのですが愛犬をいつも撫でていると安心してくっついて来ます。

撫で撫ではお互いの距離も縮まり、相手の手の柔らかさも感じるので気持ち良いのだと思います。
私の膝にビックリ引っ付きます。

Yさま

出産時、緊急帝王切開になって産まれて初めて身体にメスを入れられることになって、とにかく怖かった。

手術中、看護師さんが手を握って一緒に深呼吸してくれたことで乗り越えられました。
こわい、不安って気持ちも手を握ってくれる人がいると力を貰えるんだと感じた出来事です。
Nさま

-------------

「マッサージして〜」と娘からリクエスト。初めてそう言われた時は驚きました。

今、2歳になりましたが、ベビーマッサージを教えて頂いた後しばらくしてからは、そんなに頻繁にマッサージをしてあげられてなかったんです。

でも、心地よい感覚はしっかりと彼女に残っているんだな~と実感しました。

また、私がちょっと疲れていたり元気がなかったりすると、ハグをしてきてくれて、「大丈夫よ〜」と肩や背中を小さな手でトントン・なでなでしてくれます。

そのタッチがソフトで優しくて、そんな時はジーンの奥と目が熱くなり身体がほぐされていきます。

動きたい盛り、ゆっくりじっくりマッサージをするのは難しいしお年頃ですが、この先も私と娘の間にマッサージやタッチケアがあることは、すごくありがたいお守りのようだと思っています。
Tさま

-------------

息子は18歳。

小さいころからぎゅっとしたり、手を握ったりすることはなかったんです。

マッサージとかすることもなく、自分も好きでないことと、息子に逃げられるのではないかと思い、怖かったのです。

でも、この前、あまりにも不安そうな息子を見ていると肩に手をおきたくなりました。

肩に手をおいていると、私はずっと前からこうしたかったんだ、そして自分もしてほしかったんだということに気づきました。

「お母さんの手はあついな」と言われました。

その言葉を聞いて涙がでてしまいました。

よくわからないけど、「触れる」には大きな力があるのだと感じました。

Uさま

------

【小さな赤ちゃん達】の「触れるっていいな」「タッチっていいな」のおはなし



赤ちゃん達、身体は小さくても、全身を使ってモジモジ動きます。

その度に酸素化が低下したアラームが鳴って、面会中のご両親はヒヤヒヤ顔 

「背中にそっと手のひらを置いてあげてください」と声をかけ 

ご両親が恐る恐る赤ちゃんにそっと触れると 赤ちゃんの動きはピッタリとやみ、

心地良さそうな表情 酸素化の値も安定します 。

ご両親も触れることで赤ちゃんが心地よさそうにしている姿をみて嬉しそう 。

先天性の疾患があり、呼吸器をつけている赤ちゃん

 心臓に疾患があるので、泣くとチアノーゼがでてしまう赤ちゃん 。

ご両親に背中やお腹、頭にぴったんこのタッチをしてもらうと 

それまで泣いていたお子さんが、気持ちよさそうにスヤスヤ 。

ご両親が帰宅されると、モゾモゾし始め、泣きそうなお顔 。

代わりにご両親が触れていたところにそっと触れると、泣き顔が心地よいお顔に… 

看護師達はパパに 「パパの手、置いて帰って欲しいわ〜」と一言 。

パパも「置いて帰りたい」と 赤ちゃんに触れながら、

ウトウトしているパパと赤ちゃんをママは微笑ましそうに見つめています 。

ご家族が退室された直後、どの赤ちゃん達も動きが活発になります 。

看護師がいくら心を込めて触れても、ご両親の手には敵いません。

Kさま

「触れるっていいな」「タッチっていいな」と思われた出来事を教えてください。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 竹内久美子 より:

    NICUでの親子の様子

    【小さな赤ちゃん達】
    赤ちゃん達、身体は小さくても、全身を使ってモジモジ動きます
    その度に酸素化が低下したアラームが鳴って、面会中のご両親はヒヤヒヤ顔

    「背中にそっと手のひらを置いてあげてください」と声をかけ

    ご両親が恐る恐る赤ちゃんにそっと触れると
    赤ちゃんの動きはピッタリとやみ、心地良さそうな表情
    酸素化の値も安定します

    ご両親も触れることで赤ちゃんが心地よさそうにしている姿をみて嬉しそう

    【先天性の疾患があり、呼吸器をつけている赤ちゃん】

    心臓に疾患があるので、泣くとチアノーゼがでてしまう赤ちゃん

    ご両親に背中やお腹、頭にぴったんこのタッチをしてもらうと
    それまで泣いていたお子さんが、気持ちよさそうにスヤスヤ

    ご両親が帰宅されると、モゾモゾし始め、泣きそうなお顔
    代わりにご両親が触れていたところにそっと触れると、泣き顔が心地よいお顔に…

    看護師達はパパに
    「パパの手、置いて帰って欲しいわ〜」と一言
    パパも「置いて帰りたい」と

    赤ちゃんに触れながら、ウトウトしているパパと赤ちゃんをママは微笑ましそうに見つめています

    ご家族が退室された直後、どの赤ちゃん達も動きが活発になります

    看護師がいくら心を込めて触れても、ご両親の手には敵いません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。