今日の午後は男の子ばかりのおさらい会となりました。
男の子だけなので、今日はママに男の子のオチンチンのお話をしました。
「口をとんがらして、ふくれっつらしているようなオチンチン。
恥ずかしそうに、そっぽを向きたがるオチンチン。
先っぽにシワをよせて、考えこんでいるふうなオチンチン。
ちょっとそっくり返って、いばってみせるオチンチン。
ピンク色のオチンチン、色黒のオチンチン、色白のオチンチン・・・・・。
よくみくらべると、同じようでも形や色はさまざま。
大人の男の人のオチンチンがみんな違うように、また、顔や体型がそれぞれ違うように、赤ちゃんのオチンチンも小さいときから個性的。
どのオチンチンも春の野原に顔を出したばかりのつくしんぼうみたいに可愛らしい。
あなたの坊やのオチンチンも、きっと愛くるしいことでしょう。
だけど・・・診療室に来るお母さん方には「むすこのアレが・とか、「坊やのソレが」とか、「あのー、そのー、この子のモノがですねー」とかわかりにくいいい方をする人がとっても多い。それに、オチンチン、タマタマの区別がつかないお母さんも多いですね。
口や鼻や目と同じように大事なからだの一部なのに、どうしてはっきりオチンチン、タマタマといえなかったり、みつめられないのでしょう。
まずは、男の子の性器に対する、暗いイメージや、「恥ずかしい」という気持ちをなくし、堂々と“オチンチン”“タマタマ”と上手につきあいましょう。最初は未知の“エイリアン”でも、よく知れば、怖いことはひとつもないのです。
また、お母さん達のオチンチン、タマタマに対する対応が、ゆくゆくは坊やにも大きな影響を与えます。
お母さんが、ちゃんと知識をもち、坊やとオープンにそういったことを話せる場合は、坊やが一人でオチンチン、タマタマのトラブルで悩むことなく、早く対処することができます。」
これは「はじめまして男の子  著者:矢島暎夫」の最初のページに載っている内容。
今日は、赤ちゃんのオチンチンってどうなってるのか、今できることを中心にお話しました。
ハートノート 
1歳のRくんと11ヶ月のYくん。
今日は久々のマッサージです。
1歳になって、とても凛々しくなったRくん。あんよも上手になりました。

ハートノート  ハートノート 
ハートノート 

Yくんは、半年ぶりのハートノートでのレッスンでした。
いいお顔でマッサージを楽しんでいましたよ。

ハートノート  ハートノート  ハートノート 

つかまり立ちのYくんと、あんよができるようになったRくん。
二人で楽しそうでした。

ハートノート 

あんよの記念に足あとマット作成の準備。
今日は足型をとって、マットの色を選びました。

ハートノート 

次回のおさらい会は10月15日 10:00~。ただいま申し込み受付中です。

コスモス申し込みはこちら

コスモスFacebookから参加 をクリックでもお申し込みできますコスモス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です