2歳になったMちゃんとママが「医療的ケアが必要なこどものタッチケア講座」に来てくれました。
3回目のレッスンとなります。
(29週1,250グラムで誕生したMちゃんは脳性麻痺で脳室周囲白質軟化症と診断されています。)
数日前に2歳になったMちゃんは、たくさんの人からお祝いをしてもらいました。
この1週間はあまりタッチケアができなかったと言うママ。
でもにぎやかな中で楽しい時間を過ごせて、良かったね。
Mちゃんはお部屋に入ってくるなり、満面の笑顔を見せてくれました。
この場所は楽しい場所だね。Mちゃんにも良くわかっているようです。

脚のタッチは大好き。力を抜いて、タッチできます。
脚を突っ張りがちなMちゃんですが、最近は曲げていることも多くなっています。
脚で蹴る動きもよく見られています。

緊張しがちな手のタッチも、しっかりできるようになりました。
手のタッチが終わって、体操もすると、そのあとの手の動きがとても滑らかなんです。

ママが手を見せると、Mちゃんも同じように手を持っていこうとします。

ママのお膝に座ると、視界が変わって楽しいね。

Mちゃんはお歌が大好き。今日は歌を使っての触れ合い遊びも行いました。
股関節が硬いMちゃんですが、タッチケアのあとの触れ合い遊びでは、ずいぶん動きやすくなっていました。
このCDの中から3つほど、今のMちゃんに良さそうな遊びを選んで行いました。
(こちらから購入もできます。画像をクリックしてください)

*記事はすべて(写真含む)掲載の許可を得ています。
医療的ケアが必要な赤ちゃん(こども)、症状をもっている赤ちゃん(こども)、発達についての不安や気がかりなことを感じる赤ちゃん(こども)を育てているママへ。レッスンにきてみませんかニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。