今日は神戸市垂水区にある塩屋保育園で、赤ちゃんのココロとカラダの発達を促すタッチ&エクササイズ講座でした。
子育て支援の事業として地域の親子に開放されています。
ママに赤ちゃんが喜ぶことはどんなことはてなマークを聞きました。
笑顔がでるかかわり、声をだして笑うことは、赤ちゃんの発達の中で大切な発達課題です。
「笑う」というのは人間がもつ高度な力なんですね。
声を出して笑うことは、首のすわりとも関係があるんです。
今日のお話はうつぶせとはいはいのこと。
早く歩けたり、いろんなことが早くできることがいいことではなく、発達の道筋を丁寧にたどること、その促しを、赤ちゃんと遊びながらしていけること、環境を整えることなどをお話しました。
向き癖が強い赤ちゃんがおられ、ママも気にされていました。
その赤ちゃんに身体の真ん中を意識させるようなタッチとエクササイズをしました。
する前は声をかけても、なかなか首を動かしません。ずっと右を向いたままです。おめめで追うことも途中でやめてしまいます。
抱っこしてても、ねんねしてても、身体がまっすぐになりません。
でも、タッチとエクササイズをしたあとの赤ちゃん、寝かせると、自分で、今までと違う左側を向いています。
そしてその方向で指しゃぶりもします。身体はまっすぐになっています。
ママも、それを見ていた他のママも、びっくり!!びっくり!!
もちろん私もびっくり!!こんなに早く変化が現れるとは・・・
向き癖って顔の向きの問題だけではないんですよね。
身体全体を整えることで、変わってくることも多いのです。
それを目のあたりにして、みんなびっくりしてしまいました。
赤ちゃんは、それまでと違って、ゆったりした表情です。身体が楽になったのでしょうね。
今日のレッスンの様子です。



時計次回の講座は7月16日 10:00~11:30
対象  1ヶ月くらいの赤ちゃんからはいはい前くらいまでのおこさまと、その親(保育園近郊のかた)10組まで
家場所 塩屋保育園
参加費 無料


カバン持ち物
    バスタオル1枚
    *おむつやミルクなどは各自でご用意ください
    *動きやすい服装でお越しください
電話申込 直接、塩屋保育園にお願いします。 078-753-4334

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です