「医療的ケアが必要なこどもへのタッチケア教室」今日は5ヶ月のYちゃんの2回目のレッスンでした。
Yちゃんはダウン症の女の子です。
心疾患があり、生後3ヶ月の時に心臓の手術を受けられました。
手術のあとは、母乳・ミルクの飲みが良くなっています。
今はお薬と、睡眠時やしんどそうな時に酸素吸入をしています。
先週のレッスンの記事をパパも、九州におられるおじいちゃんも、喜んでみてくださったそうです。
パパは、職場の人にも見せたそうですニコニコ
おじいちゃんもパパもレッスンに参加してもらえるので機会があれば、お越しください。
写真で見るよりも、もっともっと楽しそうなYちゃんを見ることができますよラブラブ
今日のYちゃん、さすが2回目。
ママがおててを見せて「マッサージしてもいいはてなマーク」と聞くと、「はーい」・・・としゃべっているようでしょラブラブ!

お口をいろいろな形に動かして、ほんとに言葉をしゃべっているように見えます。

マッサージも嬉しそう音譜

背中のマッサージではうっとりのYちゃん。

マッサージが終わった後は、Yちゃんの身体の動かし方や遊びの促し方についてお話ししました。
レッスンが終わる頃には、ぐっすりと眠ってしまったYちゃんでした。

*写真・記事の掲載はご両親の同意を頂いています。
(レッスンにあたっての写真・記事の掲載については、受講時、毎回のレッスン時に確認させていただいています。
許可があった親子さまのみ掲載させていただいています)
医療的ケアが必要な赤ちゃん(こども)、症状をもっている赤ちゃん(こども)、発達についての不安や気がかりなことを感じる赤ちゃん(こども)を育てているママへ。レッスンにきてみませんかニコニコ
単発の講座も受け付けています。(1回5,000円)
気軽にお問合せくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です