8ヶ月のAちゃんのタッチケアのレッスンでした。
今日は3回目のレッスンです。
Aちゃんはダウン症をもつ女の子です。

ママはAちゃんのお口が気になっていて、舌が出ているのが、タッチケアで改善しないかなあと願いを持っておられました。

タッチケアのレッスンは、お口のまわりだけではなく、全身の状態をみながら、すすめていきます。

便秘も気になっていて、5日に1回、綿棒刺激で排泄を促していたのですが、最近は自力でも排便ができるようになっています。

そして、ママが気になっていたお口・・・毎日Aちゃんのお口を触っています。レッスンには電車に乗ってこられるのですが、お口のマッサージを伝えた日、帰りの電車の中でずっとお口をさわっていたのです。
そうすると・・・今まで舌を出していることが多く、食べるときも舌をだしていたのに、その日から舌を出さずに食べることができるようになったんです。
ストローの飲み方も、とても上手になりました。上唇と下唇で綺麗にストローをはさんで吸うことができています。こぼさずに飲むこともできるんです。
「こんなにタッチケアって効果があるんですね」とママはびっくりされていました。

綺麗にお口を動かして食べることは、次のおしゃべりをすることにもつながっていくのです。
だから食べるところから、しっかりとお口を使えるようにしていきたいのです。

ママもびっくりのこのタッチケア。ママの手でしてあげられるのもいいですね。

*写真・記事の掲載は親御さんの同意を頂いています。
(レッスンにあたっての写真・記事の掲載については、受講時、毎回のレッスン時に確認させていただいています。
許可があった親子さまのみ掲載させていただいています)

医療的ケアが必要なこどもへのタッチケア教室

医療的ケアが必要な赤ちゃん(こども)、症状をもっている赤ちゃん(こども)、発達についての不安や気がかりなことを感じる赤ちゃん(こども)を育てているママへ。レッスンにきてみませんかニコニコ
単発の講座も受け付けています。
気軽にお問合せくださいね。

携帯からのお申し込みは、PCからパソコンのメールが届くように設定しておいてください。
info✩✩heart-note.jp  ✩ふたつをぬいて@にかえて設定してください。


受講料25,000円(5回コース)
  単発のレッスンもできます 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です