小児病棟でのタッチケア 

 

 1歳10ヶ月のAちゃんのタッチケアパー

 

Aちゃんはお口の手術をして入院中です

 

今日は病棟師長さんに了解を得て

 

タッチケアをするために

 

小児病棟に入らせてもらいました

 

 

 

 

 

 

Aちゃんは手術後

 

声を出していたのですが

 

数日後から、表情がなくなりショボーン

 

目を合わせようとしなくなりあせる

 

声も出さなくてなっていましたガーン

 

泣くことすらしないのですもやもや

 

左手をパタパタと動かしているのだけど

 

声をかけてもピンク音符

 

ぼんやりしたまま

 

まだまだしんどいのでしょうね汗

 

そして、環境の変化もあり

 

Aちゃんは

 

ストレスも感じているのでしょう汗

 

 

ベットサイドに行き

 

声をかけてもいつものように

 

振り向いてくれることはありません

 

 

おめめをみても

 

見てくれませんガーン

 

 

担当看護師に伝えて

 

プレイルームに移動して

 

お歌を歌いながら

 

タッチをして

 

脚を動かしたり

 

おててを動かしたりしながら

 

遊びましたルンルン

 

 

Aちゃんは、頭や顔に触れると

 

ひどく緊張しますガーン

 

 

やはり、お口の手術で

 

頭やお顔は敏感になってますむかっ

 

Aちゃんが受け入れてくれるところを

 

タッチしているとパー

 

表情が緩んできましたラブラブ

 

 

おめめが左側にいって動かなかったのに

 

動くようになりました目

 

 

ママが声をかけるとお母さん

 

ゆっくりとうずまき

 

ママのお顔を見るようになりましたおねがい

 

 

 

キュッと結んでいたお口が緩んできましたニコニコ

 

 

そして、その後

 

処置をするために看護師の方が来られたのですが

 

その時に、久しぶりに泣いたのですえーん

 

 

今まで

 

Aちゃんが泣くことに疲れていたママなのに

 

泣き声を聞くことができて

 

今日は嬉しかったのですラブラブ

 

 

 

泣くことができないことは

 

泣くことより悲しいこと!!

 

 

大きな声で泣けるようになるといいね!

 

 

そして大きな声で

 

今までのように笑えるといいねピンクハート

 

 

 

もうすぐ退院。おうちに帰れるね照れ

 

 

 

 

 

 

キラキラ記事の掲載はご家族の

承諾を得ています

 

 

 

触れ合い遊び・手遊びCD好評発売中
あったかおやこのじかん

 

 

 

 レッスンの申込はこちらからでもOkです

下矢印下矢印下矢印

友だち追加

 

 

HPはこちら

下矢印下矢印下矢印

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です