今日は「赤ちゃんの発達とベビータッチの勉強会」

6回コースの5回目です。

5回目に、今更ですが・・・

タッチケアとは

身体に及ぼす影響を

実際のタッチケアでの親子との関わりや

タッチについての書籍や

研究結果等をふまえてお話しました。

ハートノートでしているタッチケア手

赤ちゃんマッサージ教室で赤ちゃん

まず一番に大切にしていることは桜

親子が楽しく過ごせる事

可愛いなあ可愛いなあと

思いながらこどもに向き合える時間を増やすこと

ママが自信を持てるような空間を作る事

それが一番ですラブラブ

ママのもっている感じる力を引き出すこと

そして

赤ちゃんのからだ育てです

音譜音譜音譜

タッチケアは

触れる・撫でるなどの触覚刺激

身体を動かすことでの前庭感覚や

固有感覚刺激により

身体に心地よい刺激を与え

成長発達を促すことができるものです

そのふたつがハートノートでのタッチケア

赤ちゃんマッサージ教室での目的です

今日、5回目の講座は

「気になる症状の赤ちゃんへのタッチケア」としての

タッチケアの方法

親子の楽しい時間を作りながら

楽しく赤ちゃんと関わりながら

赤ちゃんが過ごしやすくなるようなサポートの仕方について

今日はみなさんで考えました。

そんな話をしているうちに

どんどん時間がたってしまい

そして呼吸と姿勢についても熱く語っているうちに

さらに時間がなくなってしまい

いつものように

チューぎりぎりのぎりぎりまでしゃべって

終わってしまいましたびっくり

講座に参加のみなさま、ごめんなさいショボーン

でも、この講座をしたいと思って

一番伝えたかった事を話すことができました晴れ

来月はいよいよ最終回です

次回は「ダウン症の赤ちゃんの発達とタッチケア」です。

6回目講座の受付は終了しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。