今日は神戸市西区にあるまゆか保育園でミニ講座をさせていただきました。
昨年からはじまったミニ講座、昨年は発熱についてのお話をしました。
今回はぜひ、触れることと大切さを伝えたいと思い、お話させていただきました。
伝えたい内容はいっぱいあるけど、30分の講座時間の中で、何を伝えようか・・・ずっと考えていました。
最近、「医療的ケアが必要なこどもたちへのタッチセラピー」の指導者養成講座に行きました。
そこで学んだこと、その講座に参加した仲間たちから学んだことも含めて考えようとギリギリまで具体的な内容は決めず、そして今回のまゆか保育園での参加者のおこさまの年齢をお聞きしてから具体的に内容を考えていきました。
今回の講座で伝えたかった一番のことは、触れるということが人がもつ基本的欲求だということ、そして、それが満たされることができて、次の発達へとスムーズにつながっていくこと。
生きる力の土台になり、自己肯定感を育み、それがこどもの力・強さになっていくこと。

ハートノート 

講座終了後、いろんな意見・質問・感想をお話くださいました。
2歳のこども・・・イヤイヤ期で、どう対応したらいいのか悩んでいる。
歩けるようになっているのに、すぐに抱っこ抱っこというけど、どうしたらいいか。
父親と母親では抱っこの影響が違うことがわかった。
甘やかさないように、あまり抱っこはしないようにしてたけど、今日から安心して抱っこします。
よく、こどもがママに触りにきていて、やめさせようと思っていたけど、触りたいだけ触らせるようにします。
今日、参加してくださったこどもたちは偶然にも、全員男の子なんです。

ハートノート ハートノート ハートノート 

男の子がなぜ甘えん坊なのか、オキシトシンの話をもとにお話させていただきました。
具体的なお話の内容は、少しずつブログにアップしていきますね。
みなさま、今日はご参加ありがとうございました。

ハートノート 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です