3歳のAちゃん、今日はタッチケアのレッスンでした。
超低出生体重児で生まれたAちゃん。触られることが不安で、身体がかたくなってて、なかなかリハビリがすすみません。
でもタッチケアをはじめて2ヶ月、少しずつ身体に触られることに慣れてきました。
それにともなって、できる動きが増えてきました。
足の裏をつけることを嫌がっていたAちゃんでしたが、今日はママのお膝に座って、自分で足踏みをしています。まだマッサージをされる時は力がはいってしまいますが、でも触ることはできるようになりました。
今日もはいはいの姿勢で進みます。
この前のレッスンの時に初めて脚のマッサージができました。
今日は全身のマッサージができたんです。
2ヶ月前は身体をかたくして嫌がっていたのに。今日はいいお顔で受けてくれます。
うつぶせの姿勢で背中をマッサージすることも、身体をこわばらせてできなかったAちゃんが、今日はこんな余裕の状態で受けています。

マッサージした後は、私が触っても平気平気目
ママのバランスボールの上に載せても平気平気目
ニコニコの笑顔を見せてくれました。
少しずつ、できることが増えてきたね。

タッチケアで、身体の動きも、そして食べることも促進させてくれたらいいなあと思います。
医療的ケアが必要な赤ちゃん(こども)、症状をもっている赤ちゃん(こども)、発達についての不安や気がかりなことを感じる赤ちゃん(こども)を育てているママへ。レッスンにきてみませんかニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です