5ヶ月のMくんの3回目のレッスンです。
笑顔が多くなって、自分が見たいところに首を動かして見ることができるようになってきています。
腹ばいで過ごせる時間も増えてきました。
おててはぎゅっと力を入れていますが、あんよはいい動きができるようになっています。
Mくんは仮死状態で生まれてきて、原始反射がでなくて、哺乳することもできず、泣くこともしなくて、そんな状態だったMくんですが、笑って、泣いて、まだうまく飲めないけどミルクを飲んで、離乳食を始めることができるようになっています。
Mくんが生まれて、毎日ママは泣いていました。食べることが好きだったママが食事をとることもできないくらい、毎日泣いていました。
そんなママを、パパが「夜景を見に行こう」と言って誘ってくれました。
そこで、思っていることを全部吐き出して、思い切り泣きました。パパも泣きました。いっぱい話しをしました。
それから、前向きに過ごせるようになったそうです。
パパは「どんなふうに育つかわからないから、楽しみだ」と言ったそうです。
今のMくんは、毎日2回、ハートノートのタッチケアをしています。そして療育にも通い、訪問リハビリも受けています。
最初は泣いていたリハビリも今は、泣くこともなく頑張っています。
今日のタッチケアでは、今まで力がはいって、そして嫌がっていたおててを触ることができました。
でも左手だけ。なぜか右手をしようとすると怒るんです。
触られるのが苦手だったお顔も、今日はしっかりすることができました。
嚥下を助けるタッチもしました。
カメラが好きなMくんは、カメラを見つけると、じっと見てくれます。

一番好きなところは背中とあんよ。Mくんの表情が違います。とてーもリラックスして、笑顔を見せてくれることもあります。今日は気持ちよすぎて、4回もおしっこしちゃったんだニコニコ

タッチケアの途中で大泣き。ヨーグルトを食べてご機嫌がもどったMくんでした。

明日からMくん家族は一泊二日の旅行に行きます。Mくんが生まれてはじめての家族旅行。
Mくんはおふろの中で動くのが好きなので、明日の旅行では室内プールで遊んでみるそうです。
楽しみですね。
医療的ケアが必要な赤ちゃん(こども)、症状をもっている赤ちゃん(こども)、発達についての不安や気がかりなことを感じる赤ちゃん(こども)を育てているママへ。レッスンにきてみませんかニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。