今日はNちゃんのタッチケアのレッスンでした。
Nちゃんは先月2歳の誕生日を迎えました。
常位胎盤早期剥離で重度の仮死状態で生まれたNちゃん、母子ともにしばらくは危険な状態にありました。
Nちゃんは2ヶ月ほどの入院ののち、おうちに帰ってきました。Nちゃんは点頭てんかんがあり発作があります。脳性麻痺の診断を受けています。

Nちゃんのためにタッチケアをしてあげたい・・・生後4ヶ月の時に初めてタッチケアのレッスンを受け、それからママは毎日Nちゃんにタッチケアをしています。

毎日のママのタッチで、Nちゃんの肌を触るとぴちぴちと張りがあります(笑)

Nちゃんが一番好きなのは脚。力を抜いてママに身体をあずけてくれます。脚からはじめて、おなか、胸、手、顔と進めていくのですが、毎日同じようにしているのでNちゃんにも順番がわかっているようで、触られるのが苦手な手や顔に近づいてくると、身体をくねらせて怒ってきます。

そんなNちゃんですが、タッチのスピードや圧をかえると、苦手なところもふにゃっと顔の表情がほころぶときがありますにひひ
そのNちゃんの表情を見て、ママと一緒に笑ってしまいました。

タッチをして、体操をして、いっぱい動いたNちゃんは、終わったあと、寝息をたてて寝てしまいました。
気持ちよさそうな寝顔です。

*写真・記事の掲載は親御さんの同意を頂いています。
(レッスンにあたっての写真・記事の掲載については、受講時、毎回のレッスン時に確認させていただいています。
許可があった親子さまのみ掲載させていただいています)

医療的ケアが必要な赤ちゃん(こども)、症状をもっている赤ちゃん(こども)、発達についての不安や気がかりなことを感じる赤ちゃん(こども)を育てているママへ。レッスンにきてみませんかニコニコ
単発の講座も受け付けています。
気軽にお問合せくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。