Aちゃんのタッチケアのレッスン。今日は3回目です。
パパとママとAちゃんの3人で来てくれました。
Aちゃんは、25週、818グラムの小さな赤ちゃんで生まれました。
発達がゆっくりな2歳5ヶ月のおこさまです。

毎日、ママはAちゃんにマッサージをしています。
前回お伝えした、足裏へのタッチ。Aちゃんはその日から、ママが「キックビックリマークキックビックリマーク」と言うと足で蹴ってくれるようになりました。
そして脚をよく動かすようになっています。
びっくりしたのは、仰向けや腹ばいから自分でお座りをするようになったことです。
ほとんど力を入れなかった脚を自分から動かせるようになってきたんです。
おすわりしてても前のめりになっていたAちゃんが、ずいぶんしゃきっと座れるようになってきました。
先週からたった1週間しかたってないのに、このAちゃんの変化にびっくりしています。

そしてそして・・・・今日は・・・・Aちゃんがゆっくりとはいはいしたんです。
ちょっと前は身体がやわらかくて、手でささえるのもまだ難しくて、よつばい姿勢なんて全くできなかったんです。
今日はよつばいから、脚をサポートしながら前に進ませてみます。
Aちゃん、サポートされながらゆっくり進みます。

そのあと、サポートなしで、自分からよつばいになって前に進み始めたのです。

「すごい!!すごい!!すごい!!」何度叫んだでしょう。

ママもパパもAちゃんがはいはいできるとは思ってなかったんです。
ゆっくりゆっくりと前に進んで行きます。

嬉しそうなAちゃん。またひとつ自信ができましたね。

*写真・記事の掲載は親御さんの同意を頂いています。
(レッスンにあたっての写真・記事の掲載については、受講時、毎回のレッスン時に確認させていただいています。
許可があった親子さまのみ掲載させていただいています)

医療的ケアが必要な赤ちゃん(こども)、症状をもっている赤ちゃん(こども)、発達についての不安や気がかりなことを感じる赤ちゃん(こども)を育てているママへ。レッスンにきてみませんかニコニコ
単発の講座も受け付けています。
気軽にお問合せくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です