午後は「医療的ケアが必要なこどもへのタッチケア」のレッスンでした。
Nちゃんは1歳の女の子。
重度の仮死状態で生まれてきました。てんかん発作があり、少しでも減ってくれたらいいなあと願っています。
そんなNちゃんへのタッチケアのレッスン。初めてレッスンをしてから今月で1年になります。16回目のレッスンになります。
もうママはNちゃんのセラピスト。全身のマッサージをしっかりと、スムーズにできています。
大きなお姉ちゃんたちもいるので、ママは毎日大忙し。そんな中でも、ほぼ毎日、Nちゃんにマッサージを欠かさずしています。
なので、Nちゃんの身体の変化がよくわかります。筋肉の変化や関節の動き、硬さ。
さすが専属セラピストだなあって思います。
マッサージのあとの体操も、いろんなことを取り入れて行っています。
私は、毎回のNちゃんの様子をみて、少しアドバイスをする程度です。ママと一緒にマッサージして体操をして、Nちゃんのことやいろんなことをおしゃべりして過ごします。

今日のNちゃん、おめめをぱっちり開けてました。そして表情がとてもやわらかくなっているように思えました。
時々、ふっと笑顔も見せるのです。
心地良いんだろうなあと思いました。

ママを見つめているような表情です。
ママとおめめをあわせてくれたらいいね。そんな日が来て欲しいなあと願っています。

*写真・記事の掲載は親御さんの同意を頂いています。
(レッスンにあたっての写真・記事の掲載については、受講時、毎回のレッスン時に確認させていただいています。
許可があった親子さまのみ掲載させていただいています)
医療的ケアが必要な赤ちゃん(こども)、症状をもっている赤ちゃん(こども)、発達についての不安や気がかりなことを感じる赤ちゃん(こども)を育てているママへ。レッスンにきてみませんかニコニコ
単発の講座も受け付けています。(1回7,000円)気軽にお問合せくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です