今日から始まった4歳のKくんの、タッチケアのレッスン。
Kくんは、ダンディーウォーカー症候群、てんかんがあり月4回の療育に通っています。
筋の緊張が強く、関節も硬く、ボトックス注射を打ちながら歩行訓練等行っています。
ママはKくんとリラックスした時間を過ごしたいという思いで、このタッチケアのレッスンを受講されました。
身体の中で触られると嫌なところは脚です。
触ると、身体を緊張させます。触られるのも嫌なので、療育でストレッチなどをするのも嫌がります。
そんなKくんなので、今日、初回のレッスンでは脚を触るのは難しいかなあと思っていました。
まず、全身のリラックスを目的に、歌を歌いながら触っていきました。
何度かしていると、最初の緊張がとれていき、脚を触るのに抵抗がなくなってきました。
Kくんの隣では、4ヶ月になる妹のSちゃんにも同じようにしています。
Sちゃんも、相手をしてくれないと怒るんです。
脚に触れそうなことを確認してから、オイルを使ってしっかりとマッサージ。
びっくりびっくり・・・です。脚がリラックスして緩んできます。
足首が硬く、つま先が伸びやすいKくんなのに、今日は足底を押しても大丈夫。そして嫌がると思っていた足首へのアプローチは、気持ちよさそうにしてくれるんです。
いつもなら、寝ている以外は横になることを好まないKくんなのに、今日のタッチケアの時間、ずーっとゴローンとしてくれてたんですよ。
今日のレッスンが終わって、ママがこんなことを言ってくれました。
「表情が、喜んでいるとか、嬉しそうだけではなくて、身体もそれを教えてくれることを知りました。」
とっても嬉しい感想でした。

*写真・記事の掲載は親御さんの同意を頂いています。
(レッスンにあたっての写真・記事の掲載については、受講時、毎回のレッスン時に確認させていただいています。
許可があった親子さまのみ掲載させていただいています)
医療的ケアが必要な赤ちゃん(こども)、症状をもっている赤ちゃん(こども)、発達についての不安や気がかりなことを感じる赤ちゃん(こども)を育てているママへ。レッスンにきてみませんかニコニコ
単発の講座も受け付けています。(1回7,000円)1回5,000円の期間は終了しました。
気軽にお問合せくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。