ダウン症の5ヶ月のAちゃんのレッスン。ママとおばあちゃんとの3人でお越しくださいました。
Aちゃんはダウン症をもつ女の子です。

ママと私がお話していると、「ねむいよー」と泣いて教えてくれるAちゃん。
抱っこしたらすやすや。
しばらくAちゃんが眠っているのを見つつ、お人形でマッサージの練習をしました。

そうしているうちにおめめを開けてくれたAちゃん。
寝起きの、まだまったりしている時がAちゃんのマッサージのベストタイミング。
ふんわりした表情で受けてくれていたかと思うと、だんだん元気が出てきて、ゴロゴロと横向きになって受けてくれたり、脚を持ち上げて活発に動きながら受けてくれたり・・・
Aちゃんの大好きなマッサージはコロコロとあんよやおててを転がすマッサージ。
これをすると、とたんに表情がかわります。

マッサージのあとは体操もしました。
体幹を強化する体操、膝を曲げる体操など。
こんなこともできるんですね・・・とママはびっくりでした。

Aちゃんの頭はきれいな形をしています。
生後1ヶ月の時に心臓の手術をしたAちゃんですが、いっぱい遊んでもらっているAちゃんは、キョロキョロと見たいところに顔を動かします。
右や左に寝返りも上手。腹ばいの姿勢で遊ぶことも好きです。
動きすぎて、酸素吸入をしてるチューブが絡まりそう(笑)
今日はチューブで遊んでいました(*^_^*)
これだけ、よく動くAちゃんなので、この頭の形も納得です。

ママが「ダウン症のこどもは頭が扁平になるってききました」と。
ダウン症の赤ちゃんは首がすわるのがゆっくりです。その間、仰向けでずっと過ごすと頭の形が扁平になってしまいます。また静かに寝てることが多いので、授乳以外は上を向いたままの状態になることも多いです。

扁平になってしまうのは、こういうところからの影響が多くあります。

扁平だけでなく、向き癖からくる頭の形のゆがみ(斜頭)も多いです。(ダウン症の赤ちゃんだけに限らないですが・・・)

頭の形をきれいにすることは、運動発達や眼球運動、視知覚にも重要だと言われています。

姿勢や、遊び方、タッチなどのちょっとした工夫で頭の形はかわっていきます。
気になる赤ちゃんは、ぜひぜひ、日頃の赤ちゃんの過ごし方を工夫してみてくださいね。

==小児タッチケアレッスン==

小さく生まれたおこさまや、NICUに入院中のおこさま、手術を受けたおこさま、抱っこしにくい・反り返りが強い・寝返りしない・片足でずりばいする・はいはいしないなどの発達についての不安や気がかりなことを感じるおこさま、症状を持ち入退院を繰り返しているおこさまそんなおこさまを育てているママへ・・・タッチケアを受けてみませんか。

小児タッチケアレッスン(1回2時間×4)
受講料:28,000円(4回分)
出張レッスン 34,000円+交通費・4回コースとなります。
*明石市・神戸市・加古川市・芦屋市・西宮市・高砂市・姫路市付近であればご自宅、病院への出張もいたします。(遠方の方はご相談ください)

ワンディ小児タッチケアレッスン(1回2時間)
受講料:8,500円(4回コースに変更ができます。その場合は2回目のレッスンの時に差額分をお支払いいただきます。出張の場合は10,000円+交通費

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です