小さな赤ちゃんのタッチケア

 

 兵庫県立こども病院GCU病棟での

タッチケア

しずかーにおめめをとじて

過ごしていることが多いAちゃん

お昼間はもう少しおめめを開けて欲しいなあ

ということで

看護師の方からのタッチケアの依頼です

からだを包み込むようにタッチしていると

うすーくおめめをあけてくれます

足をなでなでしていると

まんまると大きなおめめに

なりました

太ももを触っていると

足でキックキック

蹴ってる蹴ってる!

こんなに力が強いんだ!!

びっくりしました

でも…

もしかして太ももは触られたくないのかな

「太ももは触られるのは嫌ですか」

そう言って足を包み込んでいると

ふわっと足の力をぬいてくれました

そっかそっか

教えてくれてありがとう

おててをなでなで

小さな小さな指も一本ずつなでなで

おててのタッチのあとは

自分でおててを開いたり

握ったりしていましたバイバイ

しっかりとおめめをあけて目

見つめています

全身のタッチケアが終わった頃に

ママが来られました

今度はママにお顔と

頭をなでなでしてもらいました

ゆーっくりゆーっくりですうずまき

そうしてると

おめめがとろーん照れ

「気持ちよさそうラブラブ

口もとが緩んだのもわかりましたくちびる

ママがお口をたくさん動かしてみると

Aちゃんもお口の動きが

さかんになってきますハート

ママの真似っこしたいんだねハート

楽しいねキラキラ

キラキラ記事の掲載は病院の

承諾を得ています

むらさき音符ピンク音符むらさき音符ピンク音符むらさき音符ピンク音符

 

 

ママと赤ちゃんのための講座のご案内

 

 

支援者対象講座のご案内

 

 

 

 

 

 

 

レッスンの申込はこちらからでもOkです

下矢印下矢印下矢印

友だち追加

 

 

 

 

HPはこちら

下矢印下矢印下矢印

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です