「抱きしめるという会話」  

子どもの頃に

抱きしめられた記憶は、

ひとのこころの、奥のほうの、

大切な場所にずっと残っていく。
そうして、その記憶は、

優しさや思いやりの大切さを教えてくれたり、

ひとりぼっちじゃないんだって思わせてくれたり、

そこから先は行っちゃいけないよって止めてくれたり、

死んじゃいたいくらい切ないときに支えてくれたりする。
子どもをもっと抱きしめてあげてください。

ちっちゃなこころは、いつも手をのばしています。



ー日本公共広告機構よりー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です