タッチの効果

触覚という言葉は、タッチの感覚に関連していることを意味します。
皮膚には、タッチ、圧、振動、痛み、温かさ、冷たさの受容体があります。
マッサージによって皮膚にやさしい意識的な刺激を加えると、これらの受容体のいくつかが活性化されます。
この刺激と情報が神経のネットワークを通じて脳に送られ、調整システム(オキシトシン・システム)に達します。

タッチの受容体は、ヒトの神経系の編成に重要な役割を果たしています。
また、全身の状態を脳に認識させ、身体の内部活動を調整する自律神経系とも直接的なつながりを持っています。

このシステムは特に視床下部(脳の基底にある神経器官)の細胞からのオキシトシンの生成によって調整されます。
この細胞は、皮膚や粘膜と直接に結びついています。
皮膚に刺激を与えるときは、このシステムにコンタクトしているのです。
オキシトシンが放出されると、リラックス、鎮静、コミュニケーションの増加、痛みの軽減、循環の向上などの効果がすぐに得られます。

タッチの欠如
調査研究をもとに、食べ物とタッチのどちらが生きていく上で重要かということを議論してもよいでしょう。
場合によっては、タッチの方が重要なのです。
タッチの欠如によって子どもが死んでしまう可能性があることがわかっています。
十分な食べ物を与えられているかどうかは関係ありません。
人間はタッチをされなくては生きていけないのです。
タッチが欠如すると、体重が減少したり、増えなくなったり、発育が止まったり遅れたり、食欲がなくなったり、体温が低くなったり、感染に対する抵抗力が落ちたり、無気力になったり、胎児期に退行したりといった症状が現れます。
これらの症状は、施設で働いている保育者には非常になじみのあるものです。
病気、疾患、ハンディキャップを持つ子どもの場合、タッチと触覚刺激の必要性は非常に高くなります。

by ティナ・アレン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です