小児がんの子どものためのタッチセラピーの効果


小児がんとたたかっている子どもたちに積極的に触れ、タッチセラピーをすることで得られる効果はいろいろあります。

生理学的には、体が作り出す痛み止めであるエンドルフィンの分泌を盛んにし、白血球を増加させることで免疫力を高めます。

また、タッチをすることでコルチゾールのようなストレスホルモンが減少します。

不安、ストレス、恐怖、身体的痛み、吐き気を軽減すると同時に活力と気分の向上をはかります。

また、元気になるために耐えることばかりの多い子どもの毎日において、いつ、どのようなタッチセラピーがしたいか、さらには、セラピーをしたいかしたくないかを選べるという、子ども自身に選択権が与えられるという貴重な時間になります。

両親は家でも簡単にできるテクニックを学ぶことができます。

親子の絆を強め、子どもの苦痛を和らげるために実際に両親がしてあげられることのひとつになるので、タッチのテクニックを学ぶことは両親と子ども双方にとって意義のあるものです。

By ティナアレン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です