6ヶ月のMちゃんとママがレッスンに来てくれました。
今日は5回コースを終え、その後のワンディレッスンにこられています。
Mちゃんは1ヶ月の時からレッスンに来てくれているダウン症の女の子です。
Mちゃんが1ヶ月、そしてママの気持ちが不安定な状態の時からレッスンを始めました。
Mちゃんに触れ合う中でママの気持ちにも変化が現れ、そしてMちゃんもいろんな表情を見せてくれるようになりました。

「医療的ケアが必要なタッチケア教室」は5回のレッスンとなっています。

5回目のレッスンを終えたママが次のような感想を記しておられます。

娘がうまれて退院して間もなく、泣かずに眠ってばかりの娘に母として必要とされていないようにさえ感じていた自分…

ミルクの時間なのに娘と向き合えず布団の中で泣いていた自分…

娘にタッチケアをして、娘のからだに触れ、娘の体温を感じそんな時間の中で 娘と向き合うことが出来るようになりました。 娘も私もたくさん笑顔になれました。

今日のレッスンでは、笑顔のたえないママとMちゃんの姿がありました。

終わった後はママに抱っこされ、可愛い瞳でママを見つめていました。

医療的ケアが必要な赤ちゃん(こども)、症状をもっている赤ちゃん(こども)、発達についての不安や気がかりなことを感じる赤ちゃん(こども)を育てているママへ。レッスンにきてみませんかニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です