今日から、2歳のAくんの「医療的ケアが必要なこどものタッチケア」のレッスンがはじまりました。
Aくんは生後1ヶ月の時にけいれんの症状がでて、検査の結果、滑脳症と診断されました。
まだ首がすわっていません。そり返りも強い男の子です。
ママはAくんにリラックスして、ゆったりと過ごして欲しいという願いで、このタッチケアのレッスンを申し込んでくれました。
Aくんは人が好き。今日は声をかけると、笑顔で応えてくれました。
Aくんにはお兄ちゃんがいて、お兄ちゃんがとてもAくんをかわいがってくれるのだそうです。
お兄ちゃんにいっぱい触られているので、今日のタッチケアもスムーズにすることができました。
それでも、いいところと、嫌なところがあって、ママにちゃんと伝えていました。
気持ちいいところは笑顔を見せて声をだして教えてくれていました。

タッチケアが終わるとママに抱っこされて、ママのお顔をじっと見つめていました。

*記事(写真含む)の掲載は親御さんの承諾をとっています。
医療的ケアが必要な赤ちゃん(こども)、症状をもっている赤ちゃん(こども)、発達についての不安や気がかりなことを感じる赤ちゃん(こども)を育てているママへ。レッスンにきてみませんかニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です