5歳のAくんの「医療的ケアが必要なこどものタッチケア」のレッスン、今日は2回目です。
Aくんは「水無脳症」をもつ男の子です。(病名の掲載に関しては、同じような状態のおこさまを育てているかたの励みになったら・・・という思いで、ご家族の方が掲載を了承してくださいました)
この水無脳症とは、先天性の脳の形成異常で大脳全体が脳脊髄液で満たされた状態になっています。
生後長くは生きられないとも言われています。Aくんは5歳。医師もAくんの生命力に驚かれているそうです。

先月半ばから、体調がよくなかったAくん、約1週間の入院をしていました。
今日は1ヶ月以上ぶりのレッスンとなります。

体調が悪かったときは、お口から食べることができていなかったので、今もまだお口からの食事はしんどいのです。なので経管にて栄養をとっています。
そんなAくんに、今日はお顔、お口まわりのマッサージをしました。
脚のマッサージは、前回に比べて、振戦がおこることが少なくなりました。
今日、びっくりしたのは、手のマッサージです。
手のマッサージをしたのは初めてだったのですが、とても気持ちよさそうに力を抜いて、そしてAくんの笑顔が見れるのです。
「こんなに気持ちがよかったんだ」とママも新しい発見でした。
レッスンが終わったあと、ママが「入院以来、久しぶりにAくんの良い表情を見ることができて嬉しかったと言ってくださいました。

*写真・記事の掲載は親御さんの同意を頂いています。
(レッスンにあたっての写真・記事の掲載については、受講時、毎回のレッスン時に確認させていただいています。
許可があった親子さまのみ掲載させていただいています)

医療的ケアが必要な赤ちゃん(こども)、症状をもっている赤ちゃん(こども)、発達についての不安や気がかりなことを感じる赤ちゃん(こども)を育てているママへ。レッスンにきてみませんかニコニコ
単発の講座も受け付けています。
気軽にお問合せくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。