午後は2歳のYくんのタッチケアのレッスンでした。
今日は2回目のレッスンです。
2歳のYくんは、低酸素状態になり生後1ヶ月から数ヶ月入院生活を送っていました。
発達に遅れがあり、1歳10ヶ月の時に首がすわりました。今は寝返りができるようになっています。点頭てんかん(ウエスト症候群)があり、発作があります。最近はお薬の変更などの影響もあり発作の回数が減ってきているYくんでした。

最近のYくん、表情が少しずつ変わってきているようです。「朝起きたばかりの時に泣いたりすることも出てきました。笑う表情も増えてきました。感情が出てきているのだなあと思います」とママが話されます。

ウエスト症候群の治療のために入院していたので、今日のレッスンは1ヶ月以上ぶりになります。

今日のレッスンはママの妹さんも同席されました。
ママの力になってくれる妹さん、ママにとってもYくんにとっても心強い見方です。
ママと一緒に妹さんも、手技を覚えてくれます。

久しぶりに会うYくんは、ママが言うように、表情がしっかりしてきたように見えました。
嬉しい顔や、嫌な顔・・・表情の変化がわかります。そして、その理由もママにはわかるようです。

今日のタッチケアのレッスン。ママにはまた新しい発見がありました。
前回嫌がってたところが、だいぶ抵抗がなくなってきました。
太ももから足首にかけてころがすようなマッサージをすると、笑顔が見えたのです。「このマッサージ好きみたい」とママが言います。
お顔は今まで触られることを嫌がってたのに、今日はタッチの方法を工夫しながらすると、うっとりしていたYくんでした。そのまま眠ってしまいそうにトローンとしたお顔を見せてくれました。

ママのおててとYくんの身体でコミュニケーションがとれるんです。
もっともっとYくんの気持ちが知りたいね。
もっともっとYくん、教えてね。

*写真・記事の掲載は親御さんの同意を頂いています。
(レッスンにあたっての写真・記事の掲載については、受講時、毎回のレッスン時に確認させていただいています。
許可があった親子さまのみ掲載させていただいています)

医療的ケアが必要な赤ちゃん(こども)、症状をもっている赤ちゃん(こども)、発達についての不安や気がかりなことを感じる赤ちゃん(こども)を育てているママへ。レッスンにきてみませんかニコニコ
単発の講座も受け付けています。
気軽にお問合せくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です