3歳のAちゃんの「医療的ケアが必要なこどものタッチケア講座」でした。
Aちゃんは、超低出生体重児で生まれました。
6月に開始したレッスン。その頃のAちゃんは寝返りができるようになったところ。
触られるのが苦手、ママ以外の人が近づくのも難しく、ベビーカーに乗ると、身体を硬くして丸くなってしまって、外出することさえままならない状態だったAちゃん。
そのAちゃんが、少しずつ、ママのマッサージを受け入れられるようになり、泣いてばかりだった療育施設でも、はいはいで動き回れるようになりました。
年末に初めてつかまり立ちができたとママから報告を受けました。
そしてはいはいのしすぎでズボンが破れたんだってにひひ
嬉しいね。
今日のAちゃん・・・
Aちゃんがママにベターっとくっついて抱っこされていることにびっくりしました。
ママも「抱っこの時が今までと違う」って。今までの抱っこはママの膝に乗ってるだけだったんですが、今日の抱っこはママの首に手をまわして、顔を触って、べたべたとくっついている。
私の頭をなでなでしてくれることもありました。
療育では、今まで自分からお友達のところに寄っていけなかったのに、自分から寄って行きます。そして友達の持ってるおもちゃをとろうとすることもあるそうです。
人との関わりが増えてきました。
年末に体調を崩し、この1ヶ月マッサージができていなかったAちゃん。
今日は久しぶりなので、どうかなあはてなマークと思ってたのですが、「マッサージするはてなマーク」と聞くと、「うん」と大きくうなずきます。
自分でもおててでなでなでしています。マッサージの途中で眼を閉じて、今にも眠ってしまいそうになったAちゃんでした。

うさぎのポーズを見せてくれました。

*写真・記事の掲載はご両親の同意を頂いています。
(レッスンにあたっての写真・記事の掲載については、受講時、毎回のレッスン時に確認させていただいています。
許可があった親子さまのみ掲載させていただいています)
医療的ケアが必要な赤ちゃん(こども)、症状をもっている赤ちゃん(こども)、発達についての不安や気がかりなことを感じる赤ちゃん(こども)を育てているママへ。レッスンにきてみませんかニコニコ
単発の講座も受け付けています。(1回5,000円)
気軽にお問合せくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です