なでなで肌着には羊さん・太陽と月・お野菜さんの3つのイラストがあります。

意匠登録済

なでなで肌着イラスト
なでなで肌着イラスト

羊さん

おなかのマッサージに使えるように、肌着の前面に描いてあります。

腸の雰囲気が伝わるように、かつグロテスクにならないように、羊さんのもこもこした毛で可愛くイメージしました。

羊さんのお顔が真ん中に描いてあるので、赤ちゃんがつい触りたくなっちゃう。

ママじゃなくて、赤ちゃんが自分のお腹をなでなでしたくなっちゃうのです(^^)/

色は健康な腸がイメージできるような淡いピンク色、かつ大人もおしゃれに着ることができるように少しトーンを下げた感じにしています。

腸の走行にそって矢印と数字を入れています。

その通りになでなでしていくとお腹のマッサージになります。

なでなで肌着羊さん
なでなで肌着羊さん

太陽と月

おなかのマッサージに使えるように、肌着の前面に描いてあります。

太陽・おひさま・おひさん・・・そのことばからイメージできるものはあったかさ。

そのイメージをもちながらおなかを触ると、おなかにそのあったかさが伝わります。

エネルギーって伝わるんですよ(^^♪

太陽をイメージするときは赤?オレンジ?

あたたかい色をイメージします。

赤は元気になる色、勇気をもらえたり前向きな気持ちになります。

オレンジは温かさやぬくもりを感じ、人と人が寄り添い繋がり合うイメージの色になります。

このなでなで肌着に使っている色は赤とオレンジとピンクを

合わせたような色になっています。

ピンクを入れたかったのは愛や安らぎをイメージさせるからです。

太陽の形は丸、おへそのまわりをくるくると円を描くのにぴったりです。

お月様の色というと黄色かな?

黄色はこどもをあらわす色とも言われます。

またひらめきや楽しさ知性などの意味もあります。

月は新月から三日月、まん丸まで形を変えていきますが、

なでなで肌着のお月様は三日月。

上行結腸、横行結腸、下行結腸の順で腸の走行をイメージできるようにしています。

(個人差があるので実際の位置とぴったりではありません)

陰陽論でいうと太陽が陽、月が陰。

陰陽のバランスをとることも大切。

そんな意味も込めて太陽と月のイラストにしています。

エネルギーに満ち溢れる太陽と、そっと静かに照らす月。

その両方のイメージでお腹を触るといいですね。

なでなで肌着太陽と月

お野菜さん

背中のマッサージに使えるようにしました。

お野菜は、身近にあって子どもたちにも見慣れているものでもあります。

お野菜のイラストに興味を持ってくれそうでしょ(^^♪

コミュニケーションのいい機会にもなるなあと思いました。

親子でお揃いで着て、「どのお野菜が好きですか?」

「トマト?」「キャベツ?」と言ってくれる様子を想像するだけでも楽しくなってきます。

なでなで肌着お野菜さん
なでなで肌着お野菜さん

ことばがなくても、
指をさしたり、
手をおいたり、そのようなことでも
コミュニケーションの
いい機会になると思いました。

肩甲骨あたりにキャベツさん、
腰のあたりは玉ねぎさん、
人参さんは背中の真ん中、背骨のところです。

人によって体格が違うので、
ずれるかもしれませんが・・・

シャキッとしたいときは
人参さんを速めになでなで。

体にちからが入っているときは、
キャベツさんを
なでなでして
あげてもいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。